中国茶100円均一販売の通販専門店、アウトレット中国茶の中国茶葉は、超お買得!さらに100均茶10個以上・アウトレット中国茶一個から送料無料サービスしております。
ゆの美QR

「ゆの美」のQRコード

本店ゆの美

販売品目【e-神】
■ 中国茶
e-神アウトレット中国茶販売
■ 中国雑貨
中国雑貨販売【e-神】
■ 北海道名産品
北海道特産品販売【e-神】
■ 人気コスメ
ニーム石鹸等身体に優しい優れもの販売【e-神】

本店【ゆの美】
ご来店お願いします


BBS7.COM
MENURNDNEXT
ホーム中国茶の淹れ方

中国茶の淹れ方 

茶壺(ちゃふう)使用

茶壺とは、急須のことです。日本茶に使う急須に比べるとかなり小さ目です。

1.茶壺にあらかじめ熱湯を注ぎ、茶海に移し。
それから茶海の湯を茶杯や聞香杯に移し全ての茶器をあらかじめ温めておきます。 
2.茶壺に茶葉を入れ、高い位置からあふれるくらいの量のお湯を勢いよく注ぎ、泡をきるように蓋をます。
3.フタを閉めた茶壺の上に熱湯をかけて蒸らします。
4.蒸らしたら、お茶をまず、茶海に移し、聞香杯に注ぎ、香りを楽しむ。
聞香杯から茶杯に濃さが均一になるよう少しずつ注ぎ分け召し上がります。
二煎目から蒸らす時間を少しづつ長くします。 

蓋碗(がいわん)使用

蓋碗とはフタと受け皿の付いている茶碗のことです。 

1.蓋碗をあらかじめ熱湯を注いで温めておきます。
2.お好みな量の茶葉を入れて蓋碗のへりに沿って静かにお湯を注ぎ、蓋をして蒸らします。
3.茶葉が出ないように蓋を少しずらして(指でうまく押さえながら)、茶杯に注ぎ分け召し上がります。
中国茶具の名称
おいしく淹れるコツ

▼ お湯の温度
お茶にはカテキン、タンニンなどの様々な成分が含まれいる。
苦味の成分であるタンニンなどの成分は、高い温度だと湯に溶け出しやすい性格を持っている。
だから、高い温度の湯でお茶をいれると苦味が出やすく、低い温度の湯でいれると苦味が出にくく甘味が増す。
しかし、中国茶は様々な種類があり、とくに香りを楽しむお茶がたくさんある。
香りは揮発性のものなので、高い温度のほうがその香りが高くなる性質を持っている。
また、黒茶のように麹黴が付いたり、紅茶のように茶の成分をしっかり抽出する必要のあるものは、高い温度のお湯でいれるとよいと言われています。

▼ 蒸らし時間
同じ温度の湯で蒸らし時間を長くした場合を考えると、長く置いたほうがお茶の成分がたくさん抽出される。つまり、濃く苦くなる。
蒸らし時間で茶の成分の抽出をコントロールする。
1煎目は、10秒〜30秒ぐらいで始めて、2煎目、3煎目となるにつれて、蒸らし時間を20秒づつ
長くします。

▼ 茶葉の分量
基本的に、茶葉の量が多ければお茶は濃く、少なければ薄くなる。
多めの茶葉を使い、短時間で抽出すると、苦味成分のタンニンを溶け出さずに入れることができる。
100ccあたり2gの茶葉が基本。
香り、味が薄いと感じられた場合は茶葉の分量を少し増やすといいでしょう。





  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス